”厄”歳でも無いのに色々あるので、この辺で忘れない内にカルテを.

なにしろ、3歩歩くと忘れる年代.
仲間達に、今後同じ事が起ってもうろたえないヨ−にと....
 
余り他人に話す内容では無いが、どうせ自分がヨボヨボになった頃、昔を懐かしむ為に作ってるHPだから、ま・いっか.


......本文、ココから.....


右ひざの痛み(外側)/’03年
  
左ひざの痛み(内側)  /’06年10月末〜約2ヶ月

そけいヘルニア/’07年11月/’08年1月29日〜5日間 手術入院
      
■以降、季節の変わり目に手術跡(腹内)附近に違和感あり.

大腸/’13年12月12日〜約3週間 手術入院+通院3ヶ月(手術跡の治療). 
      
■観察期間5年(〜’18年12月).この間....
               :1回/半年毎の血液検査+首〜股下までのCT(造影剤注入).
                1回/2年毎の大腸内視鏡検査.

歯痛(左下奥歯)/’14年4月1日〜10日間
      
■始り・4. 1:去年6月、横向きに生えた”親不知”に押されていた奥歯が、虫歯化.
                治療で残った部分が悪化し痛みが酷く、抜くハメに/K原歯科医院.
          ・5.10:腫れが治まった後、歯形を取り(この作業は気持ち悪シ)入れ歯作製へ.
          ・5.16:たった1本の入れ歯ながら、初めての経験で口中が違和感の塊!.
                以後、慣れない為か3回微調整に通う.
      ■終り・5.30:歯→目→マ○と老化していくそうだが...

耳鳴り(左耳)/’14年4月15日〜約2週間
      
■始り・4.15:左耳がボァ〜ンと、エレベータで急上昇した様な耳鳴りが続く.
                I田耳鼻咽喉科へ.外耳は正常、聴音機能は若干低下.何か分から
                ないが、アレルギ−抑制剤/ステロイド系+αの薬を1週間分貰う.
          ・4.22:改善しないので、追加2週間分の薬→良くならない!. 
               このままではとネットで調べたら、耳鳴りの原因はどうも「下顎の
                関節」らしい.去年からの禁煙で、タバコ代りに1日中ガムを噛んで
                いるので、その為か(?).
      ■終り・5. 1:ガムを少し我慢したら....耳鳴り減少.医者にも行かず直った!.


くるぶしの鈍痛(右足)/’14年5月18日〜約1週間
      ■始り・5.18:右足のくるぶしに鈍痛、違和感.市販のシップ薬を貼ったが改善せず.
          ・5.20:久し振りに”老医”のもとへ.”ココダ、ココダ、ココが痛いんだ!”と
                訴える言葉に耳も貸さず、カルテを眺めて一方的に→”原因は腰
                ですな、あなたの場合は”.
                ”くるぶしが痛いのに、なんで原因は腰?”と言っても無視!.
                くるぶしに貼っていた貼り薬を”それを称して無駄薬って言うのデス”と
                せせら笑ったあげくに処方箋をお書きになった!.
                腰の超大判シップ薬と飲み薬.
                山登りもしたが、3日後に痛みは消えた...
      ■終り・5.26:この老医は、やっぱり名医なのか?

帯状疱疹/’17年5月4日〜痛みは継続中/原因解説はここ!
      
■始り・’17.5.4
               :それは突然やってきた!.右わき腹に激しい痛みが!.
                市販の痛み止め薬を飲みつつ、別件で検査予約していた病院
                に4日後行くと、即座に”帯状疱疹”と診断され皮膚科へ入院.
                ”抗ウイルス薬”の点滴と痛み止め薬を5日間.
               :
病状の推移はここ!(東京女子医大:川島先生)
                この時点での
NRS(ペインスケール):8
                        注:0〜1:痛みなし 2〜3:少し痛い....8〜10:耐えられない位痛い
               :退院後、体を半周しているケロイド状の傷跡(火傷跡と全く同じ)
                に塗る薬と痛み止めを貰いに病院通い.
               :ほぼ手の平一杯の各種痛み止め薬を飲んでも痛みは取れず.
          ・1ヶ月後 → ペインクリニックへ.
               :紹介されたペインクリニックへ.以降、痛みを取る事に専念!.
               ・相変わらず”手の平一杯の各種痛み止め薬”を処方されつつ
                ”ブロック注射”を背骨、胸、背中の患部へ6回.
          ・3ヶ月後 →  ・
患部の外傷の状態:背中
          ・1年後  →  ・
NRS値は2〜3.痛み止め薬は1種類に.
          ・1.5年後 → ・
  〃   2.痛み止め薬は中止、ビタミンB12のみ.
      ■
”帯状疱疹後神経痛”に移行してしまった最大の敗因は、”発症後72時間
         以内に抗ウイルス薬を飲まなかった事”に尽きる.....

”じ”/元々、”地主”では無かったハズだが....
      
■始まり・会社員の時代
               :健康診断の便潜血で発覚!.治療薬1Wで済み!.
                   
=災難は忘れた頃にやって来る〜=
          ・’16.07.26:・黒部・日電歩道へ行く朝、宿屋で下血/1回のみ!.
                     帰京後、上記”大腸”の主治医へ.治療薬3日分で終了.
                      (”大腸”の観察期間中で心配したが無事!)
          ・’18.11.30:・PC座り仕事3日間後、下血/1回のみ!.
                     再び、上記”大腸”の主治医へ.治療薬3日分で終了.









                            TOP I BACK


”備忘録”/カルテ

えっせい
14.6.吉日