”SWボックス”のこと
サービス員の時代
これが何か!?、多分、当時一緒に計算機の
サービスをしていた仲間にしか分からない代物
です.

”SWボックス” と、呼んでいました.

何のへんてつも無い、17個のSWを並べて、
金属板に取り付けただけの物です.
手作りで、使い古していますが、私の大事な
記念品です.

拡大するとこんな形をしています.
当時の、計算機のサービスで、”○○番地がパリティ−エラ−を起した!”なんていう時には、該当する
メモリーや基板を特定するために、この”SWボックス”を使って解析していました.
勿論、目の前に該当する計算機がある場合はいいのですが、遠隔地にいるサービス員や、お客様の
技術者を電話でサポートする時には、必須の物でした.

また、仲間のみんなは、計算機の命令(機械語)が頭の中に入っているので、この”SWボックス”上で
命令をセットしてはトラブルの解析をしたものです.

原始的でありながら、一番現場に合ったツールでした.
多分、今でも当時の仲間達は、机の片隅にソッと仕舞っているのではないでしょうか......
TOP I BACK